Tel. 078-252-8885

受付時間:平日9:00~18:00

お問い合わせ

公的年金の未支給部分に相続税はかかる? | 相続が得意な税理士なら神戸三宮の【相続あんしん相談室】

相続手続

公的年金の未支給部分に相続税はかかる?

公的年金を受け取る前に亡くなった場合、その未支給の公的年金はだれが受け取り、税法上どのように取り扱われることになるのでしょうか。

Question

妻(70歳)が9月20日に亡くなりました。妻が亡くなった翌月の10月15日に妻の預金口座に国民年金が入金されました。

この年金は相続税の計算上、どのように取り扱えばよいのでしょうか。
相続財産として、相続税が課税されますか?

Answer

ご相談のケースは、ご遺族が自分のものとして受け取るものです。そのため、相続税は課税されず、受け取ったご遺族に対して所得税が課税されます。

死亡時点で支給されていない年金

国民年金等の公的年金は、毎年2月、4月、6月、8月10月、12月の偶数月の15日に、その前月と前々月の2か月分の合計額が支給されます。

この場合、15日が土曜日、日曜日または祝日であるときは、その直前の平日が支給日となります。今回、10月15日に支給された年金は、8月と9月の2か月分の合計額となります。

支給月 支給対象月
2月 12月、1月
4月 2月、3月
6月 4月、5月
8月 6月、7月
10月 8月、9月
12月 10月、11月

ポイント

8月と9月の年金は、10月にまとめて2か月分が支給されます。
亡くなった月まで支給されるため、奥様の年金は9月分までが支給対象となります。

誰が受け取るもの?

公的年金は、死亡した日の属する月分まで受け取ることができます。

受給者が亡くなった時点で、まだその者に支給されていない年金(以下、未支給年金)がある場合には、死亡した受給者の配偶者、子、父母など三親等内の親族であって、かつ、生計を一にしていた者が、「自己の名」で受け取ることができることになっています。

つまり、ご相談の国民年金は、奥様の相続財産として受け取るのではなく、未支給年金としてご遺族が受け取るもの、ということになります。

ポイント

国民年金等の公的年金は、年金受給者と家族の生活を保障するために支給されるものですので、未支給年金部分は遺族のものとなります。

課税上の取り扱い

このように未支給年金は奥様の相続財産とはならないため、相続税は課税されません。

しかし、未支給年金を受け取ったご遺族に対して所得税が課税されます。

この場合の所得の種類は、通常、本人に支給される公的年金は「雑所得」ですが、ご相談のケースは「一時所得」となります。

一時所得は、年間50万円まで控除額がありますが、他に一時所得がある場合には、この分を含めて計算するのを忘れないようにしましょう。

税金についてのご相談は、神戸すえひろ税理士法人 相続あんしん相談室 までお問い合わせくださいませ。

(参考)
所得税基本通達34-2、国民年金法大19条、国税庁HP「未支給の国民年金に係る相続税の課税関係」

コラム一覧へ戻る

神戸すえひろ税理士法人
相続あんしん相談室なら

  • 相続専門チームによるスピード対応
    (最短2週間でお受けすることが可能です。)
  • 税務署に指摘されにくい申告書の作成
    (書面添付制度を積極的に利用します。)
  • 担当税理士、元国税調査官税理士、代表税理士による申告書のトリプルチェック
  • 申告内容をもとに分かりやすい料金体系
  • 相続税申告だけでなく、登記や各種手続き全般をサポートします。
  • 二次相続シミュレーション、生前対策にも対応
  • 各線三宮駅から便利なアクセス
    (各線三宮駅より地下道にて直結、神戸市営駐車場隣接)
Tel. 078-252-8885

受付時間:平日9:00~18:00

お問い合わせフォーム
神戸すえひろ税理士法人 相続あんしん相談室にお任せください 神戸すえひろ税理士法人 相続あんしん相談室にお任せください
Tel. 078-252-8885

受付時間:平日9:00~18:00

お問い合わせフォーム
相談は無料です。お気軽にどうぞ