Tel. 078-252-8885

受付時間:平日9:00~18:00

お問い合わせ

生前の対策 -遺言書の保管と執行- | 相続が得意な税理士なら神戸三宮の【相続あんしん相談室】

生前対策

生前の対策 -遺言書の保管と執行-

遺言書の保管方法

せっかく作成した遺言書が発見してもらえないと、遺言は何の法的効力も持ちません。

遺言書は遺言者が亡くなった後に相続人等がすぐわかるような場所で、かつ隠されたり、勝手に書き換えられたりする心配の無い場所に保管しておく必要があります。

ここでは、公正証書遺言、自筆証書遺言それぞれの保管方法を見ていきます。

公正証書遺言の保管方法

公正証書遺言は、遺言書の原本が公証役場に保管されています。

したがって、相続人等には、遺言書を作成してある公証役場の場所を伝えておけば十分です。

なお、遺言書の存在が明らかになった際、相続人等によって閲覧を請求されたとしても、公証人がこれに応じることはありません。

自筆証書遺言の保管方法

自筆証書遺言は、親族等に預けることもあります。

しかし法定相続人など遺産に利害関係のある方に預ける場合には、隠匿・改ざんの恐れがあり、逆に紛争のもととなりかねないため、なるべく公正な第三者や司法書士などの専門家に、保管を任せることをおすすめします。

遺言の執行と遺言執行者

遺言の執行

遺言書の内容は、遺言書を書いた本人(遺言者)が亡くなったあと、自動的に実現するわけではありません。

遺言書の内容に従って実際に財産の配分を行う必要があります。
これを「遺言の執行」といいます。

これを取り仕切るのが「遺言執行者」です。

遺言執行者

遺言執行者を指定しておくと、煩雑な相続手続がスムーズに進められるというメリットがあります。

通常であれば、預貯金の名義変更や相続登記等の手続きなど相続人全員の署名・押印が必要になり、かなりの時間と手間がかかりますが、遺言執行者はこれを単独で行うことが出来るので、大幅な時間短縮となります。

ただし、遺言内容を実現する手続は、実はとても複雑で面倒です。

戸籍の収集や相続財産の名義変更など、いくつもの手続が必要であり、これを特定の相続人が行うことは大変大きな負担となります。

遺言執行者を専門家に指定すれば、このような面倒な手続の一切を代行して行うので、時間と労力がかからずに済みます。

また、専門知識を持った専門家が各手続を行いますので、スムーズに遺言の内容を実現することが出来ます。

専門家だからできること

知識や経験のない方がご自身で遺言書を作成することには様々なリスクが伴いますので、細心の注意が必要です。

遺言書は遺産の行方を左右する非常に重要なものですので、専門家のサポートのもとで作成されることをおすすめします。

法的に有効な遺言書の作成をお手伝いいたします

遺言書は法律で厳格な方式が定められています。
この方式に沿っていないために、無効になってしまう遺言書も多く存在します。

神戸すえひろ税理士法人 相続あんしん相談室が信頼する司法書士により、専門家として法的に有効な遺言者の作成をサポートいたします。

「争族」を防ぐ遺言書の作成をお手伝いいたします

遺言書を作成される方は、それぞれ様々な想いをお持ちでいらっしゃると思います。

例えば、「特定の相続人にすべての財産を相続させたい」「子供以上によく世話をしてくれた甥っ子に財産の半分を相続させたい」などのご相談をお受けすることもございますが、財産の分け方や相続人同士の関係性によっては、トラブルの原因にもなりかねません。

神戸すえひろ税理士法人 相続あんしん相談室では、トラブルになりづらい遺産の分け方や遺留分を考慮した遺産の分割方法をご提案させていただきます。

相続対策全般についてもご相談ください

遺言書の作成は相続対策全般と平行して進めていく必要があります。

代表的なものが相続税です。
神戸すえひろ税理士法人 相続あんしん相談室では、遺言書の作成とあわせて相続対策全般についてもご相談をお受けしております。

コラム一覧へ戻る
Tel. 078-252-8885

受付時間:平日9:00~18:00

お問い合わせフォーム
相談は無料です。お気軽にどうぞ