Tel. 078-252-8885

受付時間:平日9:00~18:00

お問い合わせ

生前の対策 -争族対策と遺言のすすめ- | 相続が得意な税理士なら神戸三宮の【相続あんしん相談室】

生前対策

生前の対策 -争族対策と遺言のすすめ-

相続対策として、生前の対策は非常にポイントとなります。

突然の相続が発生しても慌てないよう、事前にしっかりと準備を進めておきましょう。

ここでは、争族対策について考えます。

争族対策

相続対策とは、遺産分割の際に相続人同士相続財産をめぐって争うことのないよう、あらかじめ対策を講じることをいいます。

遺産の分割は、相続人の間での話合い(遺産分割協議といいます)で決定するのが理想的といえますが、相続人全員が納得するようにまとめることはなかなか難しいものです。
また事業の承継問題など、遺産が細分化されることが望ましくないということもあります。

そこで、相続争いや事業の承継問題などを未然に防ぐためには、遺産の分割方法などを相続人に伝えておくことが必要です。

ただ、遺産の分割方法を口頭で伝えるだけでは、法的な効力がありません。
「遺言書」として残しておくのが確実です。

特に、家族関係が複雑である場合や相続人が配偶者と兄弟である場合など、もめる要素があると考えられるときには、遺言書の作成は大変有効な方法であるといえます。

遺言のすすめ

相続トラブルを避けるために、遺言書の作成をおすすめすると、多くのお客様は「縁起でもない」、「財産なんてあまり持っていないので関係ない」、「兄弟同士の仲は悪くないからもめる心配がない」とおっしゃいますが、本当にそうでしょうか。

例えば、父親名義の自宅に同居し長年介護してきた長女も、何十年も家に寄り付かなった次女も相続分は均等です。

父親の死亡後に次女が長女に対し、『父親名義の自宅を売却し、換金してでも分配してほしい』と請求することも認められているのです。
(相続分に従った正当な分割です)このような場合において、もしも父親が一筆「長女には自宅を、次女には預貯金を相続させる」と遺言を残しておけば、この事態は回避できるはずです。

また最近では、莫大な財産がありながら何の対策もしなかったために、多額の相続税を納めることとなってしまった事例もたくさんお聞きします。

遺言書の必要度

「遺言書」は、一般の方にはピンとこないものかもしれません。

しかし、「遺言書を書いておいたほうがよかった」というケースが多く存在します。

一度、ご自身の家庭環境に照らし合わせて考えてみましょう。

ひとつでも当てはまるものがありましたら、要注意です。
遺言書の作成を検討してみましょう。

  • 子供がいない
  • 相続人が一人もいない
  • 相続人の数が多い
  • 内縁の妻(または夫)がいる
  • 自分が死んだ後の妻(または夫)の生活が心配だ
  • 障害を持つ子供に多くの財産を与えたい
  • 家業を継ぐ子供がいる
  • 遺産のほとんどが不動産だ
  • 自分でもどのくらい遺産があるかよくわからない
  • 再婚など、家族構成に複雑な事情がある
  • 隠し子がいる
  • 資産を社会や福祉のために役立てたい
  • 相続に自分の意思を反映したい
  • 特定の人だけに財産をゆずりたい
  • 特定相続人以外に相続させたい
  • 財産をあらかじめ同居してる子の名義にしておきたい
コラム一覧へ戻る
Tel. 078-252-8885

受付時間:平日9:00~18:00

お問い合わせフォーム
相談は無料です。お気軽にどうぞ